top of page
検索
  • 執筆者の写真牧野 有紘

肩甲骨まわりのケア方法

更新日:2月2日

肩甲骨まわりのケア方法についてです。


やり方

(右の場合)右腕を床と水平になるまで上げて、右肘を直角に曲げてください。

右の肩甲骨の表裏(場所は動画をご参照ください)を左手で軽く掴みながら、右の肘〜手(前腕)を前後に倒します。

最初は痛いかもしれませんが、繰り返し行うと徐々に緩んできます。

緩んできましたら、肩甲骨を掴む場所をずらして同様に行ってください。


注意点

・炎症がある場合は行わないでください

・腕が上がる範囲で無理せず行ってください

・掴むだけで痛くて動かせない場合は、しばらく静止しているだけでも効果があります


首や背中の痛み、四十肩の方などにおすすめです。

ぜひお試しください!


※YouTubeのみ音声ありです。


マキノ三鷹鍼灸接骨院|FB


マキノ三鷹鍼灸接骨院|Instagram


マキノ三鷹鍼灸接骨院|YouTube


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page